紙屑

博痴舎案内

諸君が我々の出版物を手にし、空虚な気分を味わうこと。
それが無価値な出版物の排斥に繋がると信じ、冨樫義博に匹敵するほどの熱心な執筆活動を行っています。

組織構成

博痴舎代表:白痴呆哉
『噛屑』編集長:白痴躁石
ハイパーメディアバズマーケティングエグゼクティブプロデューサー:白痴瘤之介

由来

「博痴」――「博識」の「博」/「痴女」の「痴」
ゴミ情報を生みだすためには何がゴミで何がゴミではないか知る必要があります。
故に我々は幅広い教養を身につけるため日夜出版文化の研究に励んでおります。
また、アマチュアの出版行為はポピュラーな自慰行為のひとつです
。しかし出版活動である以上は受け手に届けることを意識しなければなりません。多くの人に届ける為には、多くの人に受け入れられる存在でなくてはならないでしょう。
多くの人に受け入れてもらえる存在、それは「痴女」です。我々も貴方と同じで痴女が大好きです。セックスしましょう。